TOP>店舗情報>東海>イオンモール名古屋茶屋店>ニュース一覧>【CHANNEL ISLANDS店頭在庫リスト】詳しくはクリック!

【CHANNEL ISLANDS店頭在庫リスト】詳しくはクリック!

undefined

2%20XLITE%201.jpg

 2%20XLITE%202.jpg2%20XLITE%203.jpg

TORQサーフボード

ヨーロッパサーフィンの中心地であるポルトガルにてデビューしました。

最新のモールド工法によるプロダクションサーフボード。

今年はCAHNNEL ISLANDSとコラボしたモデルがデビュー!

EPS特有のテイクオフの速さが最高!

ボードは硬めの印象があったが、程良くフレックスもある為乗り易い!

この値段でこの乗り易さは申し分なしの1本です!

X-LITEはサーフテックとほぼ同等の強度があり、

通常のPU素材のボードよりも10倍以上の耐久性があると言われています

ポッドモッドは2から6フィートの波に適しており、

あらゆるレベルのサーファーが乗りこなせるサーフボードの1つです。

 

Torq_logo_PU_white.png

torq-detail2.jpg

5’6 x 20 3/8” x 2 1/2”   31.3 ltr
5’10 x 20 7/8” x 2 5/8”   35.7 ltr
6’2 x 21 3/8” x 2 3/4”       40.5 ltr


\82,800

(89,424 税込)

FUTURE 5PLUG

yjimage (2).jpg

チャネルアイランズ独自の新素材「FLEX-BAR」が入荷しました!

EPS特有のテイクオフの速さを残しつつ、弱点でもあるオフショアが強い時に降りていかない、

サイズのある波でバタついてしまうことを解消!

高いフレックス性とトーション性で今まで以上のドライブするターンが可能!

このボードで1ランク上のパフォーマンスを目指してみませんか?

コンディションが良くないときでも良いサーフィンができるように。

そういった思いをデーン・レイノルズと共有した上で開発されたモデルがThe Samplerだ。

波のサイズが小さかったりパワーがなかったりした場合でも、短めで幅が広めのデザインが効力を発揮。

The High 5やThe Pod Modといったフィッシュのようなボードと、ノーマルショートボードの隙間を埋めてくれるモデルに仕上がっている。

The Dumpster DiverをベースにしたこのThe Samplerは、ノーズロッカーとセンターロッカーが共にフラットなのでスピード性能に優れ、それでいてテールにかけて緩やかなカーブが施されているのでタイトなターンやエアーが可能。

深めのシングルコンケーブがボード全体に施されており、フィンとフィンの間付近になると弱めのダブルコンケーブがそこに加わり、さらにテールには若干のVeeが設定されている。

アウトラインはノーズ寄りの半分が緩やかなカーブを描き、テールに近づくにつれてそのカーブが強くなりつつ、通常のアル・メリックのデザインより少し前寄りに幅を持たせたアウトラインに変化していき、オールドスクールな幅の広いスカッシュテールへと落とし込んでいる。

The Samplerはどんなレベルのサーファーにでも対応する。

通常のショートボードよりも2~4インチ短め、1/4~3/4インチ広めにオーダーするのがおすすめ。厚みは通常のショートボードと同様か少し厚めに設定するのがいいだろう。

 

ペレグリン.JPG

海岸沿いの崖に巣を作る速くて力強いハヤブサにちなんで名付けられたニューモデル。

デーンとコートニーが鷹狩りに興味を持っているということを反映した、そのモデル名の通り速くてパワフルな乗り味が特徴だ。

ボトムに4チャンネルが施された、どんなタイプの波にでも対応するオールラウンドなハイパフォーマンス・ショートボード。ダウンザラインのスピードは非常に速く、素早いレールの切り返しも容易で、大きなレールターンが可能。

The Peregrineはノーズロッカーが抑えめで、テールに向かってロッカーが強くなっていく設定になっている。

レールロッカーも抑えめだが、フロントフィン付近から大きく変化し始め、チャンネルが抜ける付近になるとレールロッカーは本格的に強くなる。これにより、フロントフィンからテールにかけてのルース感が増した。

センターロッカーはかなりストレートで、さらにテールに向かってディープチャンネルが施されていることによって特にスピード感あふれるライディングが可能になっている。

ボード全体にシングルコンケーブがついていて、テールエンドのところでフラットになるように設定されており、その上からディープチャンネルが施されている形だ。

フラットデッキは適度なフレックス性とボリュームをボードにもたらし、そして足元の感触も抜群。

通常使用しているボードよりも1/8インチほど薄くオーダーするのがおすすめ(例えば、もし通常センターの厚みが2 1/2″のボードに乗っているのであれば、このThe Peregrineの場合は2 3/8″でオーダーしても2 1/2″と同じレールの厚みと感触、そして浮力が得られる)。

レールはラウンドで、ミディアム〜フル。コシからアタマくらいのサイズで特に真価を発揮する。

自分の身長と同じか、2〜3インチ長めに設定して乗るといいだろう。また、短めで幅広くオーダーすれば、小波用ボードとしても素晴らしい働きをしてくれるボードだ。*The Peregrineのストックボードはすべて4チャンネルとスラスターの組み合わせ。

mini.JPG

チャネルアイランズサーフボードはカラニ・ロブとコラボレーションしたサーフボードデザイン、The Miniを発表。

パフォーマンス性能とファンな乗り味をブレンドさせ、非常に幅広いコンディションでパフォーマンスを発揮する多彩なサーフボードを開発した。

このThe Miniはロッカーが非常に弱く、幅広いノーズ、ワイドなスカッシュテール、薄いレール、強めのシングル~ダブルコンケーブ&テールに向かってVeeを施したボトム形状が特徴となっている。

アルの有名なモデルThe Skinny Fishのデザインからアイデアを得ることにより、トラディショナルなフィッシュの特徴であるスピード性能と波を捕まえる性能を、スカッシュテールの特徴であるパフォーマンス性能と掛け合わせることに成功。

ヒザからアタマのサイズの波で真価を発揮するボードに仕上がった。このボードはあなたのクイーバーの中で最高の遊び用ボードとなるはずだ。身長よりも3~6インチ短めで乗るのがおすすめ。

neckbeard.JPG

 

1年間さまざまなコンセプトのボードを試したデーンは、彼のフリーサーフィン用のお気に入りボードとして、このThe Neck Beardを誕生させた。

The Dumpster Diverのようにコンテストを意識してボード自体にボリュームがあることを隠すのをやめ、デーンはよりワイドなノーズとぶった切ったようなチョップテールを大胆に採用した。

浅めのシングルコンケーブとテール付近のVeeにより、ダウンザラインによって得られるスピードが増し、レール・トゥ・レールのサーフィンが可能で、エアー後の着水時における安定感がアップした。

驚くほど馴染みやすく、デーンは1ftからアタマくらいの波のときに使用している。

デーンはThe Neck Beardをトライフィンかスピード重視のクアッドのどちらかのセッティングで乗っている。

どちらの感覚も楽しめるように、5フィンのセッティングが標準装備。

もしThe Dumpster Diverのファンなら、確実にThe Neck Beardもお気に入りに加わるだろう。

自分の身長より4~6インチ短くして乗るのがベスト。