TOP>SKATE/BMX>トピックス一覧>サーフトレーニングにおススメ【Carver】

サーフトレーニングにおススメ【Carver】

波が

「かっこよくサーフィンをしたい!」

「でも波がない、、、練習できない」

「もっとサーフィンが上手くなりたい!」

 

そんな方にもおススメなのが

スケートボードでのトレーニング

スケートボードなら波がなくても

いつでもサーフィンの動きをイメージして練習できちゃいます!

  

しかも一般的にイメージされるスケートボードよりも

圧倒的にサーフィン感覚を体感できる

そんなスケートボードがあるんです!

 

それが『Carver(カーバー)』です!

 

どんなイメージなのか

説明するよりも見てもらうのが一番!

という事で、Carverを使ったサーフィンの動きがコチラ。

 

 

ご覧のとおり、普通のスケートボードとは

明らかにターンが違います。
この動きの秘密はトラック(板とタイヤを繋ぐ金属部分)

この作りにあります!

 

トラックの特徴もご案内致しますが

わかりにくいかもしれません。

なので「百聞は一見にしかず」という事で

ぜひ一度ムラサキスポーツのお店で

実物を見て・触ってみてください!

 

そして、オシャレな皆さんもご安心ください!

デザイン豊富なので

きっとお気に入りの一枚が見つかるはず。

デザインから選ぶのもありかもしれません!

ぜひスタッフにご相談ください!

 

Carverなどのご紹介はコチラ

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

■Carverのトラック種類■

【New C7】

日本人の体格・フィーリングとアメリカ人の反応が違う

事から日本では独自にC1を展開。

現在ではC1とC7の長所を融合し、NEW C7を開発。

左右に動くトラックの特徴を駆使し、何もない場所から

アップスやカットバックなどのイメージトレーニングが

できます。元祖スウィングトラック。

C7.jpg

<New C7>

【CX4】

以前あったCXトラックを改良。ブッシュの硬度、トラックの高さを再度見直し、いままでにないドライブ感覚が

味わえます。

SurfとSK8両方が楽しめ、C7のようなカーヴィングも描くこと事ができ、ボウルやパークなどにもトライできる安定感をもったトラック。

CX4.jpg

<CX4>

【C2】

リアトラック

NEW C7,CX4の展開に合わせ、リアトラックもフルリニューアル。トラックの高さ、ブッシュの硬さを調整。

さらにピポットカップへのエントリーの角度を変え、より倒れやすくなっている。よりフロントトラックと連動した動きが可能になった。

C2.jpg

<C2>