title_DIABLO-SPARTAN-1.jpg

DOS-DIABLOモデルの運動性さらに良くする為にボリュームを減らしデザインを

再調整して完成!

コンペで勝てるようにドス・ディアブロをハイチューンしたモデル

DIABLO-SPARTAN_MainBoard0316-1.jpg

LOST『DIABLO-SPARTAN』Matt ” MAYHEM ” Biolos 本人が語るモデル解説動画

DIABLO SPARTAN の性能比較

DIABLO-SPARTAN_Graph.jpg

DIABLO SPARTAN の特徴

・シリーズの特徴を受け継いだ早いパドルとテイクオフ性能

・ポイントノーズなのでドルフィンスルーが楽。

・ボリュームがありながら、縦にも横にもシャープに動く

・中級者〜向け

・膝~オーバーヘッドサイズ推薦

 

サイズラインナップ

 サイズ  適正体重  CL地
  5' 7" x 19.25" x 2.25"
 (170 x 48.9 x 5.7 cm)

  中級者55〜60kg

  上級者60〜65kg

  26.5 cl
  5’ 8" x 19.50" x 2.32"
 (173 x 49.5 x 5.85 cm)

  中級者60〜65kg

  上級者65〜70kg

  28.0 cl
  5’ 9" x 19.75" x 2.38"
 (175 x 50.1 x 6.0 cm)

  中級者65〜70kg

  上級者70〜75kg

  29.5 cl
  5’10" x 19.88" x 2.44"
 (178 x 50.4 x 6.2 cm)

  中級者70〜75kg

  上級者75〜80kg

  31.0 cl

 

CL値とは?

プライス

 POLYESTER  ¥138,000(税抜)

 

*『FCSII』3フィンプラグ仕様標準

*フィンは付属しません。

  


『DIABLO SPARTAN』モデル解説

 

『DOS-DIABLO』があまりにもマジックモデルで、これをもとにコンペでも戦えるようなレベルまでチューニングしたモデルです。サーフィン歴が長く、パドルがある程度人並みにできる方から『DOS-DIABLO』ほどの浮力は要らないが、他のJPモデルで、例えば「SUB-BUGGY-JP」や「SUB-DRIVER-JP」よりは少しボリューム(浮力)が欲しいという『DOS-DIABLO』のカスタムオーダーを沢山お受けしました。

 

それを見たメイヘムが、こんなに沢山のカスタマーニーズがあるなら、別モデルとして彼らの希望に合うように『DOS-DIABLO』をサイズとデザインをチューンナップしようということになりました。モデル名は戦闘力を現す『スパルタン』となりました。ラヴサーフのライダーのヒロキは、このモデルに乗ったときに「自分がいままで乗ったロストのモデルでこれがベスト」といい、これで試合にでます。

 

『DOS-DIABLO』のスタンダードなハイパフォーマンスよりも丸みのあるアウトラインの厚み数値を少なくしてCL値を落としています。ベースになっている『DOS-DIABLO』モデルの既成サイズとは幅の数値は同じですが、厚みが少ない為、CL値が約3clほど少なくなっている設定です。浮力を落とした分、非常に機敏になり運動性能がかなり上がっています。

 

ノーズやテールのワイドは『DOS-DIABLO』よりも若干細め。ボトムのロッカーは『DOS-DIABLO』モデルと同じ弱めのパフォーマンスボードのロッカーカーブです。テールデザインはどんな波でも乗りこなせるように角が丸くなっているラウンドスカッシュテールです。
『DIABLO-SPARTAN』は『DOS-DIABLO』よりも薄く設定されていますが、ディアブロシリーズ1番の特徴である「早いパドルとテイクオフ性能」は受け継いでいるのでご安心を。もちろん伝統のドルフィングラブも搭載されていますのでレールが握りやすく、連続ドルフィンスルーでの体力消耗を防ぎます。
体重が重めの方、年齢により体力が衰えてきた方に超オススメ。このモデルはもちろんLOSTジャパンが開発を手がけている日本限定販売モデルです。

 

スパルタンで試合に出て、ライバルたちを圧倒するほど波を取り、勝利を収めてください。