TOP>MEN>トピックス一覧>【WHAT YOUTH】ムラサキスポーツ限定販売スタート

 

 

“WHAT YOUTH” ムラサキスポーツ限定で日本デビュー 

 

10/29(土) 原宿明治通り店で先行販売開始

  

 

 

  

                                                      

 

 

  

“WHAT YOUTH” とは 

 

サーフムービー「DRIVE THRU」や「CAMPAIGN」、「INNERSECTION」などの大ヒット作品を世に送り出した巨匠テーラー・スティールが認める新鋭の若きフィルマーのカイ・ネビルと米サーフィンマガジン誌の元編集長トラビス・フェレ達が中心となり立ち上げたクリエイティブ集団が自分達の感性で、好きな事を自由に表現したいという目的からスタートしたのが、”WHAT YOUTH”プロジェクトである。

 

 

 

                                                      

                                                      

 

 

  

そのナチュラルでアーティスティックなコンセプトを継承する、全く新しい切り口で表現した “WHAT YOUTH”MAGAZINEは写真集と呼べるほど、極めてクオリティーの高い、斬新な サーフカルチャー誌です。昨今ではスケートカルチャーをフォーカスした記事も取り上げ、更に注目を集める冊子となっている。ISSUE 1〜ISSUE 15までリリースされており、現在はその人気と共にアパレルの展開も始まり、日本国内ではムラサキスポーツのみで販売スタートとなる。

 

 

 

                                                      

                                                      

 

 

  

kai neville(カイ・ネビル) 

 

サーフィンフィルム界の巨匠テイラー・スティールに見いだされ、Days of the strange、MODERN COLLECTIVE、LOST ATLAS、DEAR SUBURBIA、BENDING COLOURSと名作をリリースしてきたフィルマーのカイ・ネヴィル。ライディングも映像も音楽も常に斬新でサーフフィルムの最先端を走っているという印象で、無料で見るサーフム ービーとは格段に違います。 最先端かつ最高峰のサーフアクションをフィーチャーし、更なる進化を遂げる。彼のもとには沢山のフレンドリー な仲間が集結、彼らと一緒に次々と新しいムーブをこの世に送り出してくれます。

 

 

 

                                                      

                                                      

 

 

  

Travis Ferre(トラヴィス・フェレ)

 
トラビスは whatyouth の創設者、エディターである。彼は18歳の時にハンティントンでサーフィンを始め、有名サーフショップ “Huntington Surf & Sport”に勤めサーフ業界の事を多く学んだ。その後、8 年間のサーフィンマガジンのエディターチーフを務め、この時の経験を生かし、今までにない全く新しいサーフメディアを作ることを決意。

それが“WHAT YOUTH”である。

 

 

 

                                                      

                                                      

 

 

  

WHAT YOUTH – ANONYMOUS ZONE IN JAPAN

 

WHAT YOUTHよりアイショッド・ウェア、ピーター・ラモンデッタ、レイヴン・ターシー、ケヴィン・ターペニン グによるジャパンツアー動画も公開。

スケートはもちろん、外国人からみた日本が美しくトリミングされた映像に仕上がっている。