TOP>店舗情報>東海>静岡パルコ店>ニュース一覧>【サーフィン】チャンネルアイランドアルメリック新素材入荷!静岡エリア人気!

【サーフィン】チャンネルアイランドアルメリック新素材入荷!静岡エリア人気!

1969年以来、チャネルアイランズサーフボードは、革新的なデザインとオリジナリティを基本姿勢としながら、パフォーマンスとクオリティの向上に一生懸命努めてきました。ここ38年以上もの間で、チャネルアイランズはローカルの小さな工場から、世界のベストサーファーをライダーに抱える最新鋭の組織へと発展を果たしました。ハードコアなサーフィンを実現させ、高品質のサーフボードを作り上げることを目指してスタートしましたが、その目標こそ、常に変化を見せるサーフィン産業において、30年以上も私たちを引っ張ってきた原動力となっています。チャネルアイランズは新しい未来に向け、さらに革新的なデザインとクオリティの向上を目標としていきます。

「チャンネルアイランズを動かしているものは、世界でも指折りのサーファーたちのサーフボードに対する欲求であり、それがサーフィンのレベルを引き上げています。才能あるサーファーがさらに新しいマニューバーにトライできるようなボードを提供することは、私の喜びなのです」-アル・メリック デザイナー/シェイパー

2006年7月、チャネルアイランズ・コーポレーションは、バートン・コーポレーションとダッグを組みました。これは、志が似通った二つの会社による結婚のようなものです。お互いがライダーを第一に考えた製品作りに重点を置き、できる限り最高の道具を提供しようとする会社なのです。サーフボード産業が劇的な変化を迎えようとしているまさにその時、バートンからチャネルアイランズに追加資本がもたらされ、そのことによって私たちは再びデザインに対する考えを刷新することができ、また私たちのホームタウンであるカリフォルニア州サンタバーバラでボード作りに励むことができるようになりました。チャネルアイランズはリンコンからわずか数ブロックのところに大きな施設を建設し、さらなる未来に向けて、サンタバーバラで開発、テスト、ボード作りをする環境を整えたのです。

chanel2.JPG

PODMOD

X-LIte Pod Mod - Torq Surfboards from Torq Surfboards on Vimeo.

PODMOD1.JPG

PODMOD2.JPG

2000年に登場したオリジナルのThe Podは発表とともに世界中で愛され、従来のサーフボードより6インチ短いボードに乗ることを可能にし、サーフボードの新しい道筋を示す革命をもたらした。The Pod ModはThe Podを大胆に修正し、より短く、よりワイドなデザインを採用。ノーズ付近にボリュームをつけて波を捕まえやすくする一方、パフォーマンス性能を損なわないよう設計されている。テールは小波でもグライド感を得られるようにワイドにし、オリジナルの設定だったシングル~ダブルコンケーブは、よりクイックにレールトゥレールの切り返しができるようにフラットエントリー~コンケーブVeeに変更された。自分の身長よりも3~6インチ短めに乗るのがおすすめ。

X-LITEの素材とテクノロジー

Torq X-Liteテクノロジーは、既に革新的なエポキシー・テクノロジーにより軽量化と高いパフォーマンスの双方のレベルを飛躍的に向上させています。ボードのコア部分は個々に吹き付けられた高精度ESPブランクとなっており、さらにそれを二重構造のメッシュでしっかりと包み込みエポキシ樹脂加工を施しています。X-Liteのデッキ部分には衝撃保護メッシュによる更なる多重構造化で衝撃によるインパクトを分散し、くぼみやへこみ等を最小化する設計となっています。一方、ボトム部分ではカーボンストリップによりフレキシビリティーとクイックなレスポンスを実現しています。

     XLITE.JPG

THE FRED STUBBLE

      fred1.JPG

FRED STUBBLE from youngwisetails on Vimeo.

このThe Fred Stubbleは、2011年度にSIMAボードオブザイヤーを受賞したThe Fred Rubbleの特徴をすべて備えながら、スモールウェーブでのコンテスト用により短く、ワイドなボードをコナー・コフィンがオーダーしたことによって誕生した。

ムネサイズのコンディションのもとでコンテストを戦うためのギアとして、The Fred Stubbleはノーズ幅とテール幅をワイドに設定し、さらにノーズとテールのロッカーを抑えたデザインを採用した。ボトムはシングルコンケーブから始まって、フィン付近に向かって広めのダブルバレルコンケーブ、そしてテール付近にVeeを加えた形状が特徴。こうしてデザインを変更したことで、波のフラットなセクションでもレール・トゥ・レールのサーフィンが可能になり、パワーのない波でもグライドすることができるようになった。また、波のポケットでは非常に鋭角なターンを実現しながら、パドリング時には実際より3インチ長いボードと同じようなスピードを得ることができる。コナーはこのThe Fred Stubbleを使って2013年度のUSオープンで優勝を果たした。

自分の身長より2〜3インチ短めに乗るのがおすすめ(一般的な体型の場合)

【THUNDERBOLT TECHNOLOGIESの特徴】
サーフボードの素材であるEPSフォームにモールド成型を使ったPVC(ポリ塩化ビニル)を
薄く圧着させることでボードにねばりをもたせ従来のEPS特有の縦方向にきくフレックスに加え
横や斜め方向への「ねじれ」を実現。そのねじれによってしなやかで伸びのあるライディングが可能になった。
さらにPVCは常にEPSフォームからの内圧を受ける為、結果的にフレックスの良さと強度が向上し
さらに軽量化にも成功。
・フレックス、強度、ねじれ、は今までに無い最高峰のボードとしてプロデュース

             ボルトサンダー.JPG

       ストックリストバナー.JPG