title_BABY-BUGGY.jpg

「タジ・バロウ」のシグネチャーモデルは、短く速く機敏なハイパフォーマンスモデル!

CL値を追加したサイズは、日本の波質にも合うとMAYHEMが一押しのLOSTのグローバルモデル!

BABY-BUGGY_mainboard0316.jpg

『BABY BUGGY』Taj Burrow

BABY BUGGY の性能比較

BABY-BUGGY_Graph.jpg

BABY BUGGY の特徴

・早い動きを求めるサーファー向け

・やや小波向けでありながら縦動き性能が特に優れています。

・ハイスピードが出るハイパフォーマンスサーフ用

・中級者〜向け

・膝~オーバーヘッドサイズ推薦

  

サイズラインナップ

 サイズ  適正体重  CL地
  5' 7" x 18.88" x 2.18"
 (170 x 47.9 x 5.55 cm)

  中級者55〜60kg

  上級者60〜65kg

  24.6 cl
  5’ 8" x 19.00" x 2.25"
 (173 x 48.3 x 5.7 cm)

  中級者60〜65kg

  上級者65〜70kg

  25.9 cl
  5’ 9" x 19.25" x 2.32"
 (175 x 48.9 x 5.85 cm)

  中級者65〜70kg

  上級者70〜75kg

  27.3 cl
  5’10" x 19.55" x 2.38"
 (178 x 49.5 x 6.0 cm)

  中級者70〜75kg

  上級者75〜80kg

  28.9 cl

 

CL値とは?

プライス

 POLYESTER  ¥138,000(税抜)

 

*『FCSII』3フィンプラグ仕様標準

*フィンは付属しません。

  


『BABY BUGGY』モデル解説
 
18年以上、ノンストップでワールドツアーに参戦している「タジ・バロウ」は、2015年の夏に彼の第一子が産まれるという自分自身のイベントの為にツアーをスキップしました。
 
その期間に彼はメイヘムに「いつもよりも短くて楽しめるボードで、通常のハイパフォーマンスができるボード」が欲しいとリクエスト。
 
「フィッシュぽくならないで、ポイントノーズデザインで、今までのツアーで乗っていたボードの典型的なボリュームを少し増し、いろいろなボードの良さを混ぜ合わせて、早くて動けて、遊べるボード」が欲しいと要望しました。メイヘムはデザインに取り組むにあたり「タジ・バロウ」のとてもお気に入りの5’9 18.25” 2.25” 24.50cl (TAJIのディメンション) BeachBuggyベースにしてスタート、 ボードサイズを5’6” 18.63” 2.25”に設定しなおし、ボードの体積を25CLフラットになるまでレールにボリュームを持たせ、ノーズからのエントリーロッカーを緩めました。ボトムのロッカカーブは、オリジナルの5’9”の丸みを完璧に再現してあります。
 
メイヘムは「タジ・バロウ」が長さもレールラインも非常に短くなったボードでも、同じようなラインを描くことができることを望んでいました。最初の1本目をタヒチに送ったあと、メイヘムはシェイパーとして受けるフィードバックのうち、最高な内容のものを「タジ・バロウ」から受け取りました。
 
「この小さなボードは、ばかげている。ここタヒチのビーチでかるくサーフしたら、気が狂いそうになった」と。
 
その後、レールやテールの厚さを何度が微妙に調整し何本も制作し完成。このモデルにとてもフィットするモデル名を与えました。どこの新パパでも同じように「パパの役割」が待っていますから・・・・
 
「タジ・バロウ」には新しく必要なもの・・『BABY BUGGY』が待っていたのです。
 
ディメンション(サイズ)は、ハイパフォーマンス仕様です。
 
「タジ・バロウ」にとって十分であれば、誰に対しても十分なスピードと機動性です。
 
「タジ・バロウ」は通常よりも、3インチ短いボードに乗っています。日本用の推薦ボードサイズには「タジ・バロウ」の通常のボードより、ボリュームを多くもたせています。当然ですが、平均的なサーファーには、彼よりボリュームが必要だからです。1または2インチほど、通常のハイパフォーマンスショートボードより短くし
て乗ることを推薦しています。
 
日本の波質により合うようにディメンションをアップデイトした、LOST/MAYHEMが一押しのハイパフォーマンスグローバルモデルです。